独り勝ちのネットフリックス 今年は週1本以上新作映画を配信予定

2021年01月13日 15時29分

ネットフリックス(ロイター)

 コロナ禍により北米で映画館の売り上げは昨年、前年比80%ダウンという前代未聞の事態となったが、ステイホームで契約者が右肩上がりの映画配信サービス、ネットフリックスは2021年も独り勝ちの様相だ。

 米FOXビジネスによると、ネトフリは今年、毎週新作を配信し、その数は1年で70タイトル以上を予定している。その中でも注目はアクションコメディースリラー「レッド・ノーティス」(ローソン・マーシャル・サーバー監督)だ。

 ドウェイン・ジョンソン演じるインターポールのナンバーワン捜査官が国際手配の〝世界最高の芸術泥棒〟(ガル・ガドット)を追うというストーリーで、ライアン・レイノルズ扮する〝世界最高の詐欺師〟が絡む。

 同作の権利をめぐっては18年に競争入札の対象となり、ユニバーサル、ワーナー、パラマウント、ソニー・ピクチャーズなど全ての米大手映画会社が参加。ユニバーサルとレジェンダリー・ピクチャーズが共同落札したが、19年に権利はネトフリに移行した。

 サーバー監督とドウェインのコンビは16年のアクションコメディー映画「セントラル・インテリジェンス」、18年のアクション映画「スカイスクレイパー」に続き今回が3回目。

 また、ジェニファー・ローレンスが主演する政治風刺映画「ドント・ルック・アップ」はレオナルド・ディカプリオやメリル・ストリープをはじめ、「君の名前で僕を呼んで」(17年)でアカデミー賞主演男優賞ノミネートのティモシー・シャラメ、歌手アリアナ・グランデ、ケイト・ブランシェット、米人気ドラマ「フレンズ」のマシュー・ペリーら、豪華キャストが脇を固める。

 他にも「バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生」のザック・スナイダー監督によるゾンビ映画「アーミー・オブ・ザ・デッド」や、「ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ」のジョナサン・メジャースが主演する西部劇「ザ・ハーダー・ゼイ・フォール」など、多種多彩な作品がラインアップしている。