猪瀬直樹氏が持論 大学進学率50%の今「成人式をやる意味ない」

2021年01月11日 14時06分

猪瀬直樹氏

 元東京都知事で作家の猪瀬直樹氏(74)が11日、ツイッターで成人式の意義に言及した。

 今年は新型コロナ感染拡大の影響で多くの成人式が中止となっているが、猪瀬氏は自身の時代の成人式を振り返り「成人式はきわめて空疎な式典だ。僕の時代は大学進学率が12%ぐらいで大学生は成人式には行かなかった。大部分は中卒・高卒で社会人となり仕事も慣れたところで、成人式は通過儀礼としての意味があった」とし、本来は社会人になった成人のための式だったとした。

 その上で「いま大学進学率50%+専門学校、ほとんど学生だ。いま成人式をやる意味はない。卒業式で充分だ」と私見を述べた。