尾碕真花が新成人の誓い「体を張ってバンジージャンプやりたい」

2021年01月11日 04時00分

左から尾碕真花、奥野壮、井頭愛海

 オスカープロモーション所属で今年、新成人となる女優・井頭愛海(いがしらまなみ=19)、尾碕真花(おさきいちか=20)、男劇団 青山表参道X所属の俳優・奥野壮(おくのそう=20)が、3人揃って撮った成人式用の写真を公開した。

 井頭と尾碕は、2012年の「第13回全日本国民的美少女コンテスト」で、ともに審査員特別賞を受賞。奥野は17年、「第30回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、フォトジェニック賞と明白美顔ボーイ賞をダブル受賞し、芸能界入りした。

 晴れて成人の日を迎えることに井頭は「大人の仲間入りへの第一歩を踏み出すことができ、とってもうれしいです!!」、尾碕は「ここまで私を育ててくれた両親に感謝しています。そして、支えてくださった仕事関係の皆様、友達や愛犬にもすごく感謝しています」、奥野は「成人式を迎えた今、しっかり自立して生きていかなくてはと気が引き締まる思いです」と話した。

 昨年12月2日に20歳になった尾碕は誕生日当日、「20歳になった記念で、その日はお酒を飲みました! お仕事だったので、仕事終わりに買って帰りました」と明かす。3月15日に20歳になる井頭は、最初にやりたいことについて「家族と一緒に初シャンパンを飲みたいです!」と話した。奥野は20代でやりたいことは「芝居です。一番大好きなことだし、今年もたくさんの役と向き合いたいです」。

 また尾碕は、20代でやりたいことについて「10代のうちにできなかったのでバンジージャンプや体を張った何かをしてみたいです」と笑顔で話した。