IKKO コロナ感染予防の「百合子が必ず見ているゾ」ポスター案に〝異議〟

2021年01月10日 13時25分

IKKO

 タレント・IKKO(58)、峰竜太(68)が10日、TBS系情報バラエティー番組「アッコにおまかせ!」に生出演。地方で存在するという新型コロナウイルス感染者に対しての差別について言及した。

 番組内では、緊急事態宣言中の人出を減らす意外な方法について、話題になったツイートを紹介。

 それは、小池百合子東京都知事の目をイラスト化した「百合子が必ず見ているゾ」というポスター貼れば、外出が減るのではないかという内容だった。

 これにIKKOは「このインパクトはすごいと思うんですけど、なんでここで小池さんの名前が出るんだろう。それよりもっと…」などと切り出した。

 IKKOは福岡出身。「田舎に私たち帰れないんですよ。帰ったら両親、親戚に迷惑かけちゃったりとか、現実にあるじゃないですか」「田舎は一人でも感染したら、その人たちはそこにいられなくなるくらい、すごい他人の目が気になる人たちだっている」と地方の状況について明かした。

 また長野出身の峰は、現地には感染者に対して差別があるとし「絶対だめなこと。逆にちゃんと思ってあげる気持ちを持たないといけない」と呼びかけた。

 それに続いて、IKKOは「本当にいくら頑張っていても、かかる時はかかるじゃないですか。この(ポスターの)インパクトはすごいと思うけど、もうちょっと違うものに変えてあげればよかったんじゃないかな…」と私見を述べた。