総資産20兆円!〝世界一の富豪〟イーロン・マスクは天才で変人

2021年01月09日 06時15分

イーロン・マスクCEO(ロイター)

 米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEO(49)がついに世界一の大富豪となった。

 米ブルームバーグなどによると7日、テスラ社の株価が6%上昇し、マスク氏の保有株などの資産価値が上がり、資産総額が約1910億ドル(約19兆8500億円)に達し、これまで首位だった米アマゾンのジェフ・ベゾス氏(1870億ドル=約19兆4400億円)を抜いた。

 マスク氏は南アフリカ出身で、米英がルーツの父親とカナダ人の母親との間に生まれた。高校卒業後、カナダ国籍を取得し、米ペンシルバニア大、スタンフォード大大学院などを経て、出版ソフト会社を設立。同社が買収されたことで手にした約25億円を元手にオンライン金融サービス会社を設立。同社が買収され、またも約200億円を手にし、宇宙事業を展開するスペースX社を設立した。

 2004年からテスラ社に投資を始め、08年に会長兼CEOに就任したが、その素顔は〝天才〟とも〝変人〟ともいわれる。

「自身は1日23時間働いていたと豪語し、配下の社員にも無理難題を課すので有名ですが、良く言えば天才的なリーダーシップがあるとの見方もある。化石燃料依存から脱却するという信念はいいとしても、人間の脳にチップを埋め込む構想や、それを広めるためにラップの楽曲を発表したり…よく炎上するSNSでは、エイプリールフールに『テスラは破綻した』とつぶやいたり、ブッ飛んだ発想で知られる」(海外メディア関係者)

 私生活では、大学の同級生と結婚し、双子と三つ子の5人の子供をもうけるも離婚。2番目の妻女優タルラ・ライリー(35)とも離婚して現在は独身。5年前にはジョニー・デップと離婚申請中のアンバー・ハード(34)との交際が報じられた。