シバター HIROYAに勝利でヒカルから1千万円ゲット! てんちむも大興奮

2020年12月31日 18時09分

左からシバター、てんちむ、ヒカル

 人気ユーチューバーのシバター(35)が31日に行われた格闘技イベント「RIZIN.26」(さいたまスーパーアリーナ)で、元K―1ファイターのHIROYA(28)相手にまさかの勝利を飾った。

 予告通り「炎上ユーチューバー軍団」のてんちむとヒカルを従え、リングイン。この世の春を謳歌するかのような表情を見せた。

 試合は1Rはキックボクシング、2RはMMAのミックスルール。意外やシバターが大健闘し、1R終了間際には右のパンチでHIROYAからダウンを奪い、会場をざわつかせた。

 MMAルールの2Rも開始早々組み付いてグラウンドに持ち込み、腕十字を決めるなど攻勢。そのままゴングが鳴り、一旦はドローで幕引きと思われた。

 ところが試合後、シバターが腕十字を決めた際、HIROYAがタップしたようなしぐさがあったことから、運営側が協議。結果ギブアップとされ、シバターに白星が転がり込んだ。

 これにはセコンド陣も大興奮。てんちむはツイッターで「めちゃめちゃカッコ良かった!!! 本当にカッコ良かった!!! シバター選手、RIZINお疲れ様でした」と写真付きで投稿。

 ヒカルに至っては、同日昼に「RIZINでシバターが勝てばファイトマネーで個人的に1000万円ガチで渡します」と予告。つまりシバターの勝利で現金が乱れ飛ぶことになった。

 ネット上でもシバターに対し「見直した」「普通に強いじゃん」など、称賛の声が寄せられている。