千鳥・ノブが253万馬券的中!そのかたわらで後輩競馬芸人が〝ハズレ死〟寸前に

2020年12月31日 01時26分

250万馬券的中のノブ

 お笑いコンビ「千鳥」ノブ(41)が30日、関西テレビ「川島&ノブ夢ウダ馬なし2020 W三冠ジョッキー登場!今年の競馬界を総ざらいSP」に出演。今年の競馬〝重大ニュース〟を語った。

 ノブが個人的ニュースに指名したのは「小倉記念」。競馬芸人のビタミンS「お兄ちゃん」と、グラドルの倉持由香、競馬予想家のメシ馬氏と4人で競馬番組で共演し予想合戦になったという。

 ビタミンSのお兄ちゃんが「アールスター」、メシ馬氏が「アウトライアーズ」と2人とも超穴馬を本命に。ノブは「『いや来ないでしょ』『いや来ないって』と思いながら、俺は予想に乗っかるという姿勢だったから、番組の性質上」とその2頭の馬券を購入。「で、乗っかったらそのまま来たんです。テレビで250万円ぐらい(実際は253万1900円)当たった」と興奮交じりに語った。

 当然、メシ馬氏、倉持も大儲けし、収録現場が盛り上がる中、ビタミンS・お兄ちゃんだけ顔を真っ赤にして無言。「『にい・さん馬券』っていうホンの少しのボケのために」、アールスターを2、3着固定にしていたため、自分の本命が1着にもかかわらず馬券を取り損ねたという。

「全員200万ぐらい取って、お兄ちゃんだけ取れてない」「『ハズレ死』っていう今までなかった死因を見そうになった」とノブは爆笑しながら振り返った。