草なぎ剛 2020年は舞台に映画に大忙し! 充実の1年を結婚で締めくくる

2020年12月30日 19時07分

絶好調の草なぎ

「新しい地図」の草なぎ剛(46)が30日、一般女性との入籍を電撃発表した。入籍日は愛犬・クルミの誕生日と同じ。「ファミリー感」を大事にする草なぎの人柄がにじみ出ている。

 コロナ禍ではあったが、草なぎの2020年は充実していた。今年初めに音楽劇「アルトゥロ・ウィの興隆」(1月11日~2月2日)に主演。同作はドイツ演劇の巨匠、ベルトルト・ブレヒトの大作で、ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程をシカゴのギャングの世界に置き換えた。

 夏には大人用おむつ「アテント」のCMキャラクターに起用されると、ズボンの上からアテントを着用してのユニークなダンス「アテントダンス」を披露し、世間を驚かせた。

 映画「ミッドナイトスワン」では難しいトランスジェンダー役・凪沙を演じ、絶賛された。来年はNHK大河ドラマ「青天を衝け」に徳川慶喜役で出演する。

 充実の1年を結婚で締めくくった形だ。