蝶野正洋「アンジャッシュ・渡部建と奥さんが離婚しないのはビックリ」

2020年12月30日 06時15分

蝶野正洋

 いろいろありすぎた激動の2020年も残すところ、あとわずか。プロレスラーの〝黒のカリスマ〟蝶野正洋(57)がそんな今年の出来事をブッタ斬ります。第4回は下半身スキャンダルを一刀両断です。


【蝶野正洋2020年を斬る(4)】オスッ、蝶野だ。今年も芸能界はいろいろあったな。やっぱり一番インパクトがあったのは「アンジャッシュ・渡部建〝多目的トイレ不倫〟」か。ほかにもバレてないだけで、各界に下半身スキャンダルがまだ山ほどあると思うけどな。

 レスラーはどうかって? 全員アウトだよ。みんなスケベ。そもそもレスラーなんて、社会からちょっとはみ出した人間が、ぎりぎりプロレスっていう業界の枠の中で何とか生きられるレベルの人間たちだぜ。今の選手たちはちゃんとしてきてるけど、昔は漫画レベルのひどい話しか聞かなかった。さすがにトイレでどうこうは聞かないけどな(笑い)。そういうことを聞かないまともな人って、俺の中では藤波(辰爾)さんとか(アントニオ)猪木さんくらいかな。そういう猪木さんも4回結婚してるけど(笑い)。
 
 ま、アメリカとかに行くと、業界内でのハニートラップなんて、しょっちゅうだよ。未成年の女性をあてがうとかね。nWoの時も選手は試合後にホテルのバーとかで食事してて、そこに女の子が遊びに来たりしてたんだけど、(ハルク)ホーガンや(ケビン)ナッシュ、(スコット)ホールはハニートラップや薬物系を警戒して外に出ないんだよな。

 でも、日本でも芸能人とか役人とか企業の社長とか、こういう過ちはよくあるし、それ自体はそんなに驚くことはないかもな。男なんていつの時代も変わってないよ。俺らみたいなスポーツ選手だって、年の3分の1とかを巡業に行ってて、その時点でかみさんに信用されていないし、かみさんも羽を伸ばすのは覚悟してる。問題はそれがバレた時。しかも、渡部君の場合は一つじゃなくて複数だった。

 だから、奥さん(佐々木希)は離婚する気ないってのは、ちょっとビックリ。今の30代の女性がどういう行動を取るのかというのは気になるね。

 いろいろ偉そうに言ってるけど、俺は悪さしてないのかって? ガーーッデムッ! 潔白だよ! ということで、今回はここまで。アイアム・チョーノ!