アンジャ渡部建が〝ひいき〟にした女 コキ下ろした女

2020年12月28日 11時30分

今やこんな姿に…

〝多目的トイレ不倫〟で芸能活動休止中の「アンジャッシュ」渡部建(48)に「復帰しないでくれ!」と一部女性タレントが懇願している。

 渡部は不倫がバレるまで番組収録の現場ではヤリたい放題。気に入った女性タレントを露骨にひいきする一方、別の女性共演者を貶めたりしていたという。ある女性タレントの証言。

「お気に入りの子には、事前に自分が話を振る内容やタイミングを教えておいて、本番で絶妙な切り返しを演出させるんです。対照的に〝落とす〟タレントも決めておいて、その子には台本にない話をわざと振って戸惑わせ、うまくやれていない感じをさらそうとするんですよ」

 たしかに数年前、某トークバラエティー番組で渡部は美人グラドルAを露骨にひいきにし、才媛タレントBにはことごとくダメ出した。Bが渡部にキレると、Aが割って入りBをたしなめた。他の共演者からもイジられまくりのBは終始不機嫌モード。映像だけ見ても、良識あるAとダメなBの対比が際立った。

 実はこの演出、渡部の画策だったという。

「渡部さんがスタッフに『ガチでやった方が面白い』と提案し、Bさんには事前に詳細を伝えずダメ出しを仕掛けたんです。Aさんには、その展開を事前に耳に入れておいて、口を挟むタイミングを細かく指示していました。これにはさすがに、他の出演者から『渡部のやり方は汚いんじゃないか』という声が上がったほど」(番組スタッフ)

 結果的に渡部はAとの距離を縮めていたというが、これでは渡部の復帰を望まない女性タレントがいてもおかしくはない。