高須院長が新型コロナの変異種の感染拡大に危機感「鎖国をお願いします」

2020年12月24日 13時41分

高須克弥院長

 高須クリニック・高須克弥院長(75)が24日、ツイッターで新型コロナ感染拡大を止めるために政府に対し〝鎖国〟を訴えた。

 高須院長は英国で発生したとされる新型コロナウイルスの変異種に危機感を覚えており「日本の偉い方々に申し上げます。イギリスやアフリカで変異した武漢発祥新型コロナウイルス変異種は感染力も毒性も強いです」と警鐘を鳴らした。

 政府は24日から英国からの入国を一時停止したが、他の国からの入国は続いている。感染拡大は止まらないというのが高須院長の見解で「もう香港まで迫ってきています。過ちを繰り返さないでください。鎖国をお願いします」と訴えた。

 英国で見つかった変異種はこれまでのウイルスよりも感染力が70%高いとされている