〝妊娠中〟浜崎あゆみ 24日&31日のライブを「無観客生配信」に変更

2020年12月21日 20時25分

浜崎あゆみ

 新型コロナウイルスの感染拡大が再びエンタメ界を直撃した。歌手の浜崎あゆみ(42)が21日、クリスマス&カウントダウンライブを無観客の生配信に変更すると発表した。

 浜崎は24日に舞浜アンフィシアターで、31日に東京・国立代々木競技場第一体育館でライブを行う予定だったが、「国内外における急速な新型コロナウイルス感染拡大と、ご来場頂くお客様、及び公園に係る出演者、スタッフの安全性を最優先に判断した結果、有観客での実施を断念せざるを得ない結論に至りました」(公式サイト)と発表。

 浜崎も「皆様ご家族でのステイホーム期間中に、エンターテインメントの力が光となり、少しでも支えとなれるよう引き続き尽力して参ります」とコメントした。

 浜崎は昨年末、第1子を出産していたことを公表。さらに10月には第2子を妊娠していることを発表したばかりで、妊婦・あゆのライブに注目が集まっていた。「2月に2公演だけやってツアーが中止となってから、無観客配信ライブはしたが、お客さんの前には出ていない。クリスマスとカウントダウンライブで久しぶりにお客さんの前に立つ予定だった。2人目の妊娠発表したこともあり、多くのあゆファンは直接、おめでとうの気持ちを伝えようと待っていたのだが…」(音楽関係者)

 今は観客、スタッフ、そして浜崎の健康と安全が第一なので、寂しい気持ちはあるだろうが再びライブが行える日が来るのを待つしかない。