岡村隆史 さんまに結婚報告も妻に会わせず「嘘ちゃうか」「ラジオでイメージダウンしたんで」

2020年12月20日 00時04分

「アローン会」最高顧問のさんま

 明石家さんま(65)が19日、毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、「ナインティナイン」岡村隆史と食事したことを明かした。

 さんまは「実はこないだ、2日前かな岡村と食事して。結婚の正式報告やわな」と会食の意図を説明。吉本芸人の独身男性でつくる「アローン会」の〝最高顧問〟に退会の報告をしたようだ。

 しかし「奥さん連れてくるのかなと思ったら、連れてこず」といい「誰も会ったことないんですよね。高校時代の友達とかはお会いしてるみたいやけど…。芸人は誰も会ってない。俺、ウソちゃうか?と思うんですよ。ラジオの発言でイメージダウンしたんで、挽回するために結婚ってウソついたんちゃうかと。祝儀渡すのももったいなく思ってきて、こいつホンマかなって…」と疑いを持ち始めたという。

 結局、祝儀袋に「人生のホームラン王代 アローンからアーロンへ」と書いて手渡したというが、サッカーばかりやってきた岡村は「ハンク・アーロン」を知らずこれにノーリアクション。

 一晩かけて考えたさんまは「『すごいですねやっぱり』とか『人生のホームラン王、アーロンと掛けて』『うれしいです、こんな素敵な』と言う思ったら… すっとしまいよったから。『ちょっと待てと。書いたのよう読んだ?』」と落胆したとか。

 後日、LINEで長文の「わざとらしいヨイショの反省文」が来たといい、「あいつ真面目やから、俺がちょっと表情変えるとものすごい怖がりよるんですよ」と苦笑していた。

【関連記事】