GACKT&ROLANDが奇跡のコラボ! 完璧を求めるあまりイベントは42分〝遅刻〟

2020年12月16日 13時11分

GACKT(右)とROLAND

 アーティストのGACKT(47)、カリスマホストのROLAND(28)、元カリスマキャバ嬢で会社経営者の門りょう(31)が16日、都内で行われた「G&R」プロジェクト発表会に登場した。

 現代の〝一流〟カリスマであるGACKT&ROLANDが「女性を一流にするためのブランド」プロジェクトを立ち上げた。その第1弾ディレクターに起用されたのが、元北新地のカリスマキャバクラ嬢で現在は会社社長として活躍する門だ。

 一流のカリスマ揃いの会見は開始から波乱の展開。ゲストの準備が長引き「42分遅れ」でスタートした。

 GACKTは「え、お待たせしました、GACKTです。彼と一緒に温めてきたプロジェクトなので、ここから一緒に走っていきたいと思います」とあいさつ。ROLANDは「この場を通じて自分のアイデアを伝えていければと思います」と話した。

 プロジェクトについては「何か、2人で面白いことができないかなとプライベートで話していて。大人の事情も絡みながら。結構時間かかったんですよね」とGACKT。

「一流」の定義を聞かれたGACKTは「年齢を問わず、いつまでたっても、出会えた人が『この人に出会えてよかった』と思えること。思わせてくれる人が一流だと思います。ROLANDは終始、笑顔にさせてくれるやつですね」と話した。

 一方、ROLANDは「何かに対して極めることができる人。GACKTさんは妥協が無くて、アプローチできる人です。尊敬している部分です」。
 
この「G&R」の第1弾商品となるドレスとランジェリーをディレクションした門は「凄い嬉しかったんですけど、一流のお二人にオファーいただいて身の引き締まる思いになりました」と心境を明かした。

 GACKTは「これからまだまだ多くの展開があります。ご注目ください。2021年がもっともっと明るくなるような、僕らの活動がお力添えになればいいなと思います」とメッセージを伝えた。