井上真央「ひとり旅」発言の真意は… 破局?ゴールイン?気になる嵐・松本潤との仲

2020年12月16日 06時15分

映画「大コメ騒動」東京プレミアム試写会で「ひとり旅」とフリップに記した井上真央

 意味深発言の真意は…。女優の井上真央(33)が15日、都内で行われた映画「大コメ騒動」(本木克英監督、2021年1月8日全国公開)の東京プレミア試写会に登場した。

 同映画は1918年(大正7年)に、富山県の貧しい漁師町で起きた「おかか(女房)」たちによるデモ運動「米騒動」をテーマにした痛快エンタメ作品。102年前に起きた米騒動は、日本で初めて女性が起こした市民運動ともいわれる。

 井上は主人公・松浦いと役を演じた。3人の子を持ち、港で働く「おかか」を演じた感想を井上は「当時の方たちは本当に働き者だと。米俵を担ぎ、子供を育てて。身に染みて感じました」と語った。

 舞台あいさつの中で報道陣がざわついた一幕があった。映画の内容にからめて「我慢できん!!」というフリップに井上は「来年は『ひとり旅』。我慢できん!!」と記したのだ。「ひとりでふらっと旅をしようと思っていたら、このコロナだったので。来年こそは、旅したいなと」と説明した。

 井上といえば、ジャニーズのアイドルグループ「嵐」の松本潤(37)との交際が噂されていた。最近では破局したのではとも言われるが、嵐の活動休止に伴い、一部では結婚もあるんじゃないかとささやかれ始めたこともある。

「今年はこのコロナ禍というのもあって、2人の目撃情報もなかった。嵐では二宮が解散前に結婚を発表し、いよいよ松潤も…という流れだったんですが、先行きが見えない状況」(芸能関係者)

 このタイミングでの「ひとり旅」発言は何かの〝匂わせ〟なのか。年末年始は井上&松潤の動向から目が離せなさそうだ。