ぜんじろう 菅首相の今年の漢字「働」に「働いてましたね、国民のためでなく隠蔽のために」

2020年12月15日 22時46分

ぜんじろう

 タレントのぜんじろう(52)が15日、ツイッターを更新。菅義偉首相(72)が自身の今年の漢字を問われ、「働」と答えたことについて、痛烈な皮肉をつづった。

 菅首相は前日14日に「今年の漢字」を問われて「働」と回答。「国民のために働く内閣」を自任していることが理由だが、これにぜんじろうは「菅首相、確かに働いてらっしゃいましたね。〝国民〟のためではなく〝隠蔽〟のために(笑)」とツイート。

 さらに「これ『ガースーです』に続く、自分自身を皮肉ったネタでしょうかね? こっちのユーモアの方が、世界にはウイットに富んでいて、ウケると思います(笑)」と付け加えた。

 菅首相は先月週刊誌で、官房長官時代に地元横浜で会費が激安のパーティーを繰り返し開き、政治資金報告書が不記載だったことが報じられている。また、今月11日には、ネット番組で若者ウケを狙い「こんにちは、ガースーです」と薄笑いであいさつしたことにも非難が集中している。

【関連記事】