新田純一 故浅香光代さんを偲ぶ 「ごはん、ごちそうさまでした」

2020年12月15日 10時13分

アイドル歌手として人気だった新田純一

 歌手の新田純一(57)が14日、公式ブログを更新。13日に亡くなった女剣劇スターの浅香光代さん(享年92)を偲んだ。

 新田はアイドル歌手でありながら空手の有段者で、のちに格闘技大会のプロデューサーを務めた。そして、2011年に行われた格闘技イベント「Bigbang統一への道 其の四」では、エキシビションマッチで、K-1ファイターの山本優弥(36)と対戦。新田は当時、48歳だった。

 この無謀とも思える戦いに駆けつけたのが、「ミッチー&サッチー大戦争」で、ワイドショーをにぎわせた浅香さんだった。新田は「応援団長として、浅香光代さんは試合前リングに登場していただいてくれたのです!!」と懐かしそうに振り返った。

「楽屋にも伺い、食事にも連れていっていただきました。貴重なお話もたくさん聞く事が出来た事は、自分にとって宝です」「後輩達にたくさんご指導いただき有難う御座いました。ごはん、ごちそうさまでした」。優しく思いやりにあふれた〝芸能界のご意見番〟から、新田は多くのことを学んだようだ。

 最後に「応援に来ていただき有難う御座いました。ゆっくりお休みください心より御冥福をお祈り致します」と故人を悼み、別れを惜しんだ。