タンバリン芸人・ゴンゾーも19日「hatashiai」参戦

2020年12月14日 11時00分

参戦するタンバリン芸人・ゴンゾー

 素人異業種格闘技戦「hatashiai」(19日、東京・新木場1stRING)には“タンバリンマスター”として、世界に名をとどろかせたタンバリン芸人のゴンゾー(34)が「コロナ被害支援者マッチ」で芸人のファラ夫(年齢不詳)と対戦する。

 音楽に合わせて、タンバリンを使った高速ダンスパフォーマンスが持ち味のゴンゾーだが、今年のコロナ禍では大損害を受けた。3月から営業の仕事がすべて飛び、有名アーティストのツアーに帯同するビッグビジネスも消滅。欧州の複数国で高額賞金が用意されているオーディション番組へのオファーもあったが、すべて水の泡となった。

 ゴンゾーは「来年も1~2月は無理。今年は持続化給付金だけで、どうしようか思っていたところに、この大会側からオファーを頂いたので、背に腹は代えられない」と出場を決めたという。

 身長173センチ、体重110キロのヘビー級体形ながら「運動は大の苦手。ケンカもしたことがないので、果たして人を殴ることができるのか」と意外な不安も口にする。

「格闘技は今までやったことのないチャレンジで、物の見方が変わるかもしれない。キックボクシングの伊原ジムで基本を教わり“全集中の呼吸”を学んだ。この動きがタンバリンに加えられるかもしれない」と芸の幅を広げたい思いも語った。