東野幸治が推理 渡部不倫を〝リーク〟したのは吉本・岡本社長!「会見以来あいつスネとる」

2020年12月13日 17時19分

渡部不倫報道のネタ元は…

 お笑いタレントの東野幸治(53)が13日、関西テレビ「マルコポロリ!」に出演し、アンジャッシュ・渡部建〝多目的トイレ不倫〟の意外なネタ元を大胆指摘した。

 この日は、渡部の謝罪会見が話題に。芸能リポーター・長谷川まさ子氏が「誰も得をしない会見だった。渡部さんも会見するなら自分を受け入れてもらえるように振る舞った方がよかった。報道陣は200人いて200対1になってしまったので、世間からは集団いじめと言われている」と振り返った。

 芸能リポーター・井上公造氏は「新聞記者は知ってしまったら書くと思う。何が悪いかと言われるとこの(渡部不倫の)情報を新聞に漏らしたやつ。誰が漏らしたかは分かりませんが」とコメント。

 これを受け東野は「事務所違うけど、これも吉本のニュースになっているじゃないですか」と切り出し、渡部の不倫を報じた一部スポーツ紙が、いつも吉本関係のニュースをすっぱ抜いているとして「(吉本に同紙から)金もらってるやつがいると思う」と眉間にしわを寄せた。

 その上で同紙にリークしたのは「多分、岡本(社長)やと思うんです。あいつですわ、あいつ! 会見以来あいつスネとるんですわ!」と大胆推理。共演の月亭方正は「ヘボ探偵やわ…」と苦笑していた。