稲垣吾郎の今年の一文字は「森」 元SMAP森且行の活躍喜ぶ

2020年12月12日 19時09分

左から剛力彩芽、稲垣吾郎

「新しい地図」の稲垣吾郎(47)と女優・剛力彩芽(28)が12日、東京・港区の赤坂ACTシアターで行われた舞台「№9―不滅の旋律―」(13日~2021年1月7日)の記者会見に登場した。

 稲垣の演じるルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンがみたび、帰ってきた。2015、2018年に続く再々演に稲垣は「うれしいです。今回はコロナの影響もあって、どうなるかなというのもあったんですが、お客様と素敵な時間をすごせるなと」と喜ぶ。

 剛力は2回目のマリア役に「私自身、2回目となるんですが、ここに立てていることがうれしいです」と話した。

 2人の信頼関係も抜群だ。稲垣は「本当に信頼しています。稽古中はマスクをしながらの稽古で、緊張感をもってやっていたんですが、心と心は繋がっています」と剛力への安心感を語る。

 これに剛力も「人をひきつける、魅力のある男性です。安心して寄り添える男性ですね」と笑顔を見せた。

 剛力は独立して、初めての舞台。「私自身はステージでやることは変わりませんけど、責任感は増しましたね」と心境の変化を明かした。

 今年も残すところあとわずか。1年を1文字で振り返るよう促された稲垣は「(元SMAPの)森君が(オートレースの日本選手権で)優勝したのがうれしかったです。だから『森』でどうですか?」とニヤリ笑った。