「これやば」「マジ?」水曜日のカンパネラ・コムアイが突然フルヌード公開

2020年12月11日 23時31分

コムアイ

 音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ(28)が11日、インスタグラムを更新し、突然フルヌード写真を披露した。

 写真はファッション誌のグラビア用に自身を「天空から地上に降り立った生きもの」と見立てて撮影されたもの。顔に銀のハーフマスクを着けただけのコムアイが彫刻の女神像を見上げている構図で、右側面から彼女の裸体が写っており、胸の膨らみもはっきり確認できる。

 写真とともに「ようやくこの世で生が始まっていることに諦めがついてきた気がする。こうしてこの世界で死んでいくのだということがずっと受け入れられずどこかのタイミングで全然違う惑星や次元への移動をして想像のつかないエンディングになるかもしれないという期待があった」「生きていることと死んでいることをどうにか優劣なく感じたい。宿場町を汚して去るよりは、次来る人たちが愛おしいと思ってくれる場所にしたいです」と死生観にまつわる神秘的な文章が投稿されている。

 ファンからは「共感します」「息を飲む素敵なお写真・被写体です」「私にとって新しい物事への捉え方で刺激になりました」という声があった一方、「Wow♡」「マジ?いいの?これやば」「完全に全裸ですか?」「拡大しても見えませんでした…」「ゴメンナサイ!何度も拡大しちゃいました」というコメントも寄せられた。