インリン 胃カメラ初体験「胃食道逆流症と診断されました」

2020年12月11日 21時35分

インリン

 タレントのインリン(44)が11日、ブログを更新。「胃食道逆流症」と診断されたことを報告した。

 インリンは人間ドッグに行ったそう。「なんと!44歳にして、人生で初の胃カメラの検査をしました」と切り出し「今までは胃カメラは苦しそうで恐怖なイメージしかなくて、なかなか検査に踏み込めなくて。で、鎮静剤を使って短時間ウトウト眠りながら無痛で胃カメラを入れることができるというの最近知ったので、今回はお願いしてみました」と胃カメラ初体験の経緯を説明した。

 検査結果について「胃食道逆流症と診断されました」と告白。同症は胃酸が食道内を逆流し、胸焼けなどを引き起こす疾患で、インリンは「ここ何年、夜横になると、胃から何かがあがってくる感じでムカムカしてなかなか眠れない日があった」「辛いものを食べた後、大分時間がたっているにもかかわらず、急に喉から食道辺りが急に熱くなる感じが暫く続いたり、変だなぁといつも思ってたので」と予兆を感じていたそうだ。

 うれしい結果もあったようで「身長が0.9センチ伸びていました。人生初めて、162センチ台に乗りました」と顔文字を付けながら喜びを爆発させた。