〝迷惑系ユーチューバー〟の狼藉に長州力、シバターが激怒「一緒に扱ってほしくない」

2020年12月10日 16時12分

左からシバター、長州力

 他人の墓石の上で騒いだり、卒塔婆を振り回したとして礼拝所不敬の疑いで逮捕された自称ユーチューバーの川西康司容疑者(28)が大炎上している。

 川西容疑者は〝迷惑系ユーチューバー〟へずまりゅうの弟子を名乗って活動し、山口県防府市内で3日に山口県警に逮捕された。これまでも神社の鈴にぶら下がったり、釣った魚を踏みつぶしたりする動画をアップしていたという。

〝迷惑系〟と言えば、へずまりゅうこと原田将大容疑者(29)が窃盗や威力業務妨害などで何度も逮捕されて世間を騒がせたが、影響を受けたユーチューバーの〝暴走〟が止まらない事態となっている。

 これには元プロレスラーの長州力も「やり方をみんな考えないとホントとぼけたやつが出てくる。ニュースで見たやつは俺の田舎(山口)だよ。墓の上で踊るか普通、バチ当たりだ。太ったやつ(へずま)の弟子だとか…。絶対ダメだよ」と怒り心頭。

〝炎上系〟を名乗るシバターも「迷惑をかける動画、法的に問題がある動画は今はすぐに消されるし、変な動画ではお金が稼げなくなっている。稼いでいない連中と、ちゃんと頑張って動画で収益を上げているユーチューバーを一緒に扱ってほしくない。迷惑野郎たちをユーチューバーと呼ばないでほしい。風評被害だ」と自らのチャンネルで訴えている。