アンジャ渡部が参考にすべきベッキーの大復活

2020年12月10日 05時15分

ママタレでも活躍しそうなベッキー
ママタレでも活躍しそうなベッキー

 いよいよ完全復活!? 2016年の不倫騒動で傷ついたタレント・ベッキー(36)のイメージが急回復している。

 ペット事業を展開するアース・ペット株式会社は「愛犬用炭酸入浴剤ぬくりん」のアンバサダーにベッキーが就任したことを発表。23日からベッキーのSNSや店頭でプロモーションを展開する。

 8日には犬のボディーケアをするシーンの広告ビジュアルを撮影した。愛犬のことを「本当にわが子のような存在です。大切な家族の一員です」と言うベッキーは「普段お風呂に入れるときは、声を高めにして、楽しいことをしているという雰囲気づくりをするようにしています」と愛犬シャンプーの秘けつを明かした。

 現在、アンジャッシュ・渡部建の不倫が世間を騒がせているが、ベッキーも約5年前は似たような境遇に追い込まれていた。渡部以上にバッシングを受けてしまい、それこそ「再起不能か」とも思われたが、最近になってそのイメージの払拭に成功。

 転機となったのは2019年1月に元プロ野球選手の片岡治大と結婚したことだ。今年3月には第一子を出産、7月に仕事復帰を果たした。

「あれだけ総バッシングを受けたが特に女性に根強いファンがおり、ツイッターのフォロワーは約200万人、インスタにも約133万人もいる。これが広告キャラクターの仕事につながっている。群雄割拠のママタレ界では木下優樹菜が脱落するなど過渡期を迎えているだけに、ダークホース的存在です」(広告代理店関係者)

 不倫騒動、そして会見大失敗――ベッキーと渡部は同じような道をたどってきた。それだけに渡部にとって、ベッキーは大いに参考にすべき存在だろう。

 

ピックアップ