テイラー・スウィフト コロナ禍で困窮の母親2人に135万円の〝クリスマスプレゼント〟

2020年12月09日 16時43分

テイラー・スウィフト(ロイター)

 米人気歌手テイラー・スウィフト(30)がコロナ禍により困窮する子を持つ女性2人に、それぞれ現金1万3000ドル(約135万円)の〝クリスマスプレゼント〟を贈った。

 米芸能サイト「TMZ」が8日(日本時間9日)報じたところによると、女性2人は米紙ワシントン・ポストが新型コロナウイルス感染拡大により仕事を失い、貧困にあえぐ人びとを特集した記事で紹介された。その記事を読んだテイラーが米クラウドファンディングサイト「GoFundMe」を通じて2人を支援したというわけだ。

 1人はニッキーというテイラーと同郷のナッシュビルに住む女性。テイラーは「あなたのことはワシントン・ポストで読みました。自身の体験を話すのはとても勇気がいること。今年あなたが体験したことは本当につらいことでしたね。これはあなたへの贈り物です。同じナッシュビルの女性から」とメッセージを添えた。

 もうひとりはシェルビーというミシガン州の女性。テイラーは「あなたが背負ったストレスは、本来なら誰も味わう必要がなかったもの。あなたのご家族が素敵なホリデーを迎えられますように」とのメッセージを送った。

 2人は共に健康問題と貧困に直面し、支払いが追い付かず、借家からの立ち退きを迫られていたという。

 TMZによると、米国には同様の困窮者が何百万人も存在し、政府からの新たな支援無しには生活が立ち行かなくなっているとされる。その上でTMZは「今回のテイラーの行動がきっかけになり、支援の輪が広がり、より多くの困窮者に救いの手が届くことを期待する」と締めくくった。