元欅坂46・平手友梨奈 FNS歌謡祭でソロデビュー発表あるか?

2020年12月09日 15時11分

平手友梨奈

 元欅坂46の絶対的センター・平手友梨奈(19)が「ソロデビュー”するのでは?」との声が噴出している。

 1月にグループを脱退した平手。現在は女優、モデルとして活躍しているが、今夜9日放送のフジテレビ系「2020FNS歌謡祭 第2夜」に出演する。

 平手といえば「FNS歌謡祭」で様々なアーティストとコラボレーションしてきた。

 2016年にはボーカルグループ「ゴスペラーズ」と「ミモザ」を熱唱。翌17年は歌手の平井堅、今年8月放送「2020FNS歌謡祭 夏」でも、歌手の森山直太朗とコラボし、森山が歌う「生きてることが辛いなら」に合わせ、ダンスを披露。大きな反響を呼び、ツイッターでは「#平手友梨奈」がトレンド入りしたほどだった。

 そして、注目される今夜のFNS歌謡祭だが、タイムテーブルには「平手友梨奈(※内容は生放送で発表)」と意味深に記載されているのだ。

「他のアーティストは、披露する曲名が書かれているだけに、平手に関しては様々な憶測を呼んでいる。満を持してのソロデビュー発表、歌唱があるかもしれない」とテレビ局関係者。

 くしくも同じ日に平手が所属していた欅坂46から改名した櫻坂46が同歌謡祭に出演。この日発売される1stシングル「Nobody,s fault」をパフォーマンスする。

「櫻坂46としてのデビュー日に、別々の道を選んだ平手が共演することにファンを含め業界関係者も注目している。平手のアーティストとしての表現力を評価する声は多く、ソロとしての期待も大きい」(音楽関係者)

 櫻坂46の出演は「20時頃~」、平手は「21時頃から」とある。どのようなステージを見せるか。