太田光〝審査委員長〟就任も過激ネタ連発「私、裏口でも有名で…」

2020年12月02日 16時35分

「日本ネーミング大賞授賞式」に出席した太田光代(左)、太田光

 お笑いコンビ「爆笑問題」太田光(55)と所属事務所タイタンの太田光代社長夫妻が2日、都内で行われた「日本ネーミング大賞」授賞式に出席した。

 この賞は世間に広く知られている商品名やサービス名など、秀逸なネーミングを選出して表彰。発売年、発表年は考慮されない。今回が初めての開催で、2016件の中から大賞に保湿ティッシュ「鼻セレブ」が選ばれた。太田は審査委員長、光代社長は特別顧問という肩書で参加した。

 太田はこの日も得意の下ネタを展開。ティッシュのありがたさに触れ、「特に男性は…」と小声で遠慮気味に語ってニヤリ。スタッフから「大きめの声で」とカンペでうながされ、「この下ネタを?」と切り返して笑わせた。

 選考会でも下ネタを発射していたそうで「(選考会では)『マラセレブ』と言った。いろんなところに優しいよ、とね」と昼下がりにきわどいトークを炸裂させた。

 また、「爆笑問題」のネーミングにも言及。コンビ名は「僕がつけた」と切り出し、「当時は横文字のグループが多くて。目立つにはどうすればいいか」と考え「『爆笑』と自分で言っちゃうのはハードルが上がる。それくらい覚悟を決めて」と命名したという。

 それでも「いまだに言われる。『爆笑問題で爆笑したことがないのが問題だ』」と頭をかいた。

 また、週刊新潮で報じられ、東京地裁で係争中の日芸裏口入学報道訴訟を引き合いに「私、裏口でも有名で。お金をくださればいかようでも」と語って笑わせる場面もあった。