古市憲寿氏 〝犬猿〟の福澤アナをまた挑発「『イラッ』とした感情はお互い伝わる」

2020年11月29日 19時59分

古市憲寿氏

 社会学者の古市憲寿氏(35)が29日、日本テレビ系「真相報道 バンキシャ!」に出演。司会の福澤朗アナウンサーを〝挑発〟する一幕があった。

 古市氏は昨年4月の同番組で、新紙幣の図案を「ひどいデザイン」「ダサすぎる」などと長時間にわたって酷評。これに福澤アナが「いつまでも反抗期」「しばらく会いたくない」とキレてしまい、以降はギクシャクした関係となっている。

 この日は、コロナ禍における会食など、人との接し方がテーマに。別スタジオからのリモート出演だった古市氏は「オンラインでよくゲームをしていた。実はインターネットを介してのつながりであっても、こうしてモニターでのつながりであっても、意外と人の感情って伝わる」と最近の発見を紹介。

 続けて「だから、僕今日はスタジオの福澤さんと一緒にいないですけど、福澤さんの〝イラッ〟とした感じが伝わったりだとか」とわざわざ付け加えた。

 これに福澤アナが「オンライン上でも僕と古市さんがつながれば、〝イラッ〟とした感情は伝わるんですね?」と冷静に聞き返すと、古市は「そうです。〝イラッ〟とした感情はお互い伝わると思う」と念を押した。

 これに、アシスタントの夏目三久は「なんで〝イラッと前提〟なんでしょうか…」と困惑していた。