現役格闘家の〝二刀流〟仮面女子・川村虹花が卒業発表「青春を全てここに費やしてきました」

2020年11月26日 13時19分

格闘家としても活躍する川村虹花

 アイドルと総合格闘家の〝二刀流〟で活動する「仮面女子」川村虹花(24=アリス十番)が、26日に自身のブログを更新し、グループからの卒業を発表した。

 川村は15歳からスタートしたアイドル人生を「青春という青春を全てここに費やしてきました」「悔いはない」と振り返った。仮面女子が居場所になっていたこともあり、卒業は大きな決断だったが「外にでてもっと学ばないといけないこと沢山ある」と理由を説明した。最後の初期メンバーだった川村は後輩に「かっこいい仮面女子にしていって欲しい」と願いを託した。

 川村は2017年12月にセミプロルールで総合格闘技に初参戦し判定勝ち。翌18年3月のプロデビューは判定負けしたが、「プロ2勝2敗」の戦績で同年大みそかの格闘技イベント「RIZIN 平成最後のやれんのか!」出場を果たした。TKO負けを喫したものの、地上波で戦いの模様が放送されると「総合格闘技をしているアイドル」として一躍全国区になった。

 卒業時期は来年1月を予定している。