元日本代表・乾貴士がマラドーナ氏しのぶ「ほんまにお疲れさまでした」

2020年11月26日 13時04分

乾貴士

 サッカー日本代表MF堂安律(22=ビーレフェルト)が死去したマラドーナ氏を悼んだ。26日に自身のツイッターを更新し「小学生の頃、恩師に誕生日プレゼントでもらったDVDがマラドーナのプレー集だった。その頃から憧れはマラドーナだったなー。沢山の夢を与えてもらいました。ご冥福をお祈りします」とつぶやいた。

 元日本代表MF乾貴士(32=エイバル)も自身のインスタグラムを更新し「初めてプロの選手で憧れて、真似したのがマラドーナやったなぁ。何回もビデオ借りて見ての真似しての繰り返しやった。肩でトラップして後ろの相手抜いたのはほんまに衝撃やった!!他にも凄いプレーがありすぎてそのプレーはあんま知られてないんやろなぁ。笑 亡くなってしまったのは残念やけど、ほんまにお疲れさまでした」と書き込んだ。