「釣りキチ三平」の作者・矢口高雄さんが死去 次女がツイッターで報告

2020年11月25日 13時56分

亡くなった矢口さん

 釣り漫画「釣りキチ三平」の作者・矢口高雄さんが20日、膵臓がんで亡くなっていたことがわかった。81歳だった。25日、矢口さんの次女・かおるさんが矢口高雄さんのツイッターのアカウントで報告した。

 ツイッターには「矢口の次女かおるです。父・矢口高雄は11/20に家族が見守るなか、眠るように息を引き取りました。今年5月に膵臓がんが見つかり、約半年病気と闘っていました。すごく辛くて苦しかったはずだけど、涙も見せず頑張りました。最後まで格好良い自慢の父でした。パパ、ありがとう。そして、お疲れ様」とつづられた。

 矢口さんは1969年に漫画家デビュー。70年に少年マガジンで連載された「釣りキチ三平」が大ヒットし、釣りブームを巻き起こした。