夫に捜査が迫っても安倍昭恵夫人は飲み会エンジョイ 名刺に「やまとのこころ」の意味は… 

2020年11月25日 11時56分

昭恵夫人は今も変わらずだ

 我が道を行く! 安倍晋三前首相が24日、「桜を見る会」前夜祭をめぐって、自身の秘書らが東京地検特捜部に任意で事情聴取されていたことについて「事務所としては全面的に協力している」などと語った。そうした中、妻の“アッキー”こと安倍昭恵夫人(58)は、夫周辺に捜査の手が伸びていても、全くブレていなかった――。

 安倍氏は24日、国会内で「事務所としては全面的に協力している。それ以上は今の段階では答えられない」などと記者団に語った。

 問題となっているのは、2015年から19年に安倍氏の後援会が主催した「桜を見る会」の前夜祭だ。参加者からの会費だけでは会場のホテル側への支払い額に足りなかったため、安倍氏側が約800万円を穴埋めした疑いが持たれている。

 特捜部は、これが有権者への金品提供を禁じる公職選挙法に抵触しないかどうかなどを調べている。

 安倍氏周辺に特捜部の捜査の手が伸びる事態となっているが、そんな喧騒を知ってか知らずか、昭恵夫人は、最近も“外交”を楽しんでいるようだ。
 今月17日発売の写真週刊誌「フラッシュ」によれば、昭恵夫人は今月10日、東京・神田にある、自身がオーナーを務める居酒屋「UZU」で友人らと飲み会を開催した。それがよほど楽しかったようで、最後は上機嫌のまま黒塗りのハイヤーで帰宅したという。

 さらに飲み会の9日後となる19日には、都内で知人らと会食していたという。

「昭恵さんはブルーのワンピース姿で、みんなと楽しそうに歓談していました。ただコロナ禍なのに、マスクを外している時もあったけど(苦笑)。関係者たちに自分の名刺を配り、あいさつ回りしていました」(知人)

 配った名刺には、昭恵夫人のメールアドレスが付記されている。このアドレスがなかなか秀逸。すべてを記すことはできないが、「~yamatonokokoro~@~」というもの。ローマ字をそのまま読むと「大和の心」と読める。一体どういう意味なのか?

「『yamatonokokoro』は『やまとのこころ』を指し、これはアッキーが手掛ける日本酒の銘柄。アドレスに入れて名刺を配りまくるくらいだから、最近は居酒屋の事業に熱心なようです」(同)

 夫にとっての大ピンチ、しかもコロナの感染者が拡大して国民が大変な時でもアッキーは全くブレていない。