大橋未歩アナ マッチ不倫に「松本さんが口火を切ってくれてジャニーズもホッとしているのでは」

2020年11月22日 14時11分

大橋未歩アナ

 元テレビ東京の大橋未歩アナ(42)が22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」で近藤真彦(56)の不倫騒動について松本人志の〝功績〟を評価した。

 松本は先週放送の同番組で、「週刊文春」が近藤の不倫を報じたにもかかわらず民放各局は〝スルー〟したことに「モヤモヤする」「我々は別にマッチが嫌いじゃないし、ジャニーズ事務所さんも嫌いじゃない。でも、あまりにも周りがやらなさすぎる」とコメントした。

 この後で近藤は無期限の活動自粛を発表し、各局のワイドショーや情報番組が近藤の不倫を報道し始めた。この状況について大橋アナは「松本さんが口火を切って取り上げてくれてジャニーズもホッとしているのでは」と指摘し、「何も報道されなかったら、ジャニーズ事務所って本当にメディアに圧力かけて放送させてないんだ、怖い事務所なんだって誤解されちゃう」と松本発言がジャニーズにとって幸運だったと語った。

 またゲストのかまいたち・山内健司(39)は近藤の活動自粛に反対の意見を展開。「もし問題が起きても仕事が減るだけで、自分からは自粛しない」と断言し、近藤の対応が不倫発覚時のスタンダードになるのは、ジャニーズの後輩や芸能界にとって良くないとした。