「芸人は10年に1回100万馬券を当てろ!」爆笑田中が後輩・ダニエルズと馬券勝負

2020年11月21日 19時29分

爆笑田中に馬券対決を挑んだ「ダニエルズ」のあさひ(左)と望月

 お笑いコンビ「ダニエルズ」(望月隆寛=32、あさひ=32)が事務所の先輩である爆笑問題・田中裕二(55)に「馬券対決」を挑んだ。

 ダニエルズは今年からユーチューブ番組「ダニエルズ競馬」をスタート。スタート時は初心者だったが、いまでは「競馬の魅力にどっぷりハマっている」(望月)という。

 芸人としては、今年頭に「ぐるナイ おもしろ荘」で注目され、注目度も急上昇。あさひの〝ヒステリック女上司キャラ〟がウケている。

「夢の一つだった。『今夜もドル箱』に出演することができました」(あさひ)とのこと。コロナ禍で満足いく1年ではなかったが「先月10月に、やっとバイトしないで暮らせるぐらいの給料がもらえるようになりました」(望月)と着実にステップアップしている。

 そんな2人が23日に東京競馬場で行われる「東京スポーツ2歳ステークス」の予想を披露することになった。いまや若駒の出世レースと言われているだけに「このレースを当てて、出世につなげたい」(望月)と野望を抱いているのだが、本紙で予想を披露している爆笑・田中が望月に先輩芸人として〝金言〟を授けたそうだ。

「ガチガチの予想になりがちな僕に『芸人がガチガチの予想してどうするんだ!』と田中さんから指導していただきました」と望月は明かす。

「田中さんは『芸人は100万馬券を当てればいい。芸人の本命予想なんて誰も期待してないぞ』と。僕も確かにそうだなと思いました。芸人は小さくまとまらずに、ドカンと花火を上げなきゃいけないってことですよね。お叱りを受けている時にはぶるぶると震えていましたが、納得しました」(望月)。

 田中も過去に皐月賞で800万円ゲットし、世間を大騒ぎさせただけに〝芸人は大きく生きろ〟という言葉には説得力があるだろう。

 インタビュー時にたまたま、姿を見せた田中に「東スポ2歳の予想で勝負させてもらいます」とダニエルズの意志を伝えたところ、田中も「いいよ」と受けて立つ構えを見せた。本紙記者の眼前でバチバチバトルがぼっ発した。

 望月の予想は「◎③ダノンザキッド、〇①ドゥラヴェルデの3連単2頭軸マルチで、相手は地方馬の⑤トーセンジャック、⑥プラチナトレジャー、②タイトルホルダーで! トーセンジャックは何か不気味な意欲を感じますね」。

 ヒステリック女上司キャラのあさひは「やっぱり女の子の◎⑨モリノカンナチャン。横山和さんと大江原厩舎の複勝回収率は100%を超えてるそうです。あとは〇②タイトルホルダーとの3連複2頭軸流しで相手総流しで!」。

 ちなみに爆笑田中の東スポ2歳予想は◎④レインフロムヘヴンの3連単1頭軸マルチで相手①⑩②③⑥。

 果たして爆笑田中対ダニエルズの勝負の行方は?