【堀江政経塾】N国・立花党首が講演「お金と女と選挙の票は追えば逃げる!」

2020年11月21日 19時08分

「堀江政経塾」で講師を務めた立花氏

 21日に開講した「堀江政経塾」で、NHKから国民を守る党の立花孝志党首(53)が「お金と女と選挙の票は追えば逃げる!」をテーマに講演した。

 同塾は立花氏が代表を務める「ホリエモン新党」が母体。塾生を前に立花氏は来月からN国党を「ゴルフ党」への党名変更を発表したことで、猛バッシング受けた件を振り返った。

「『NHKのことをしないのか』『コロナ禍でゴルフ党とはふざけるな』といわれるが、党名変更はNHKからの被害者をお守りするための一環。弁護士法違反でNHKを倒せるところまできていると確信しているから、党名変更で再注目してもらおうとした。票が減るのは分かっているが、量より質を考えた」

 立花氏の突飛な行動は常に批判の的になる。

「嫌われていた方が楽。電車にたまに乗ると『電車乗るんですか?』と驚かれる。マイナスのイメージを持っている人からは、ちょっとのことで好感度が上がる(笑い)。嫌われることを怖がらない生き方を自信を持ってやってもらいたい」と持論を展開した。