東大卒の〝クイズ王〟伊沢拓司 テレビに引っ張りだこの理由は?

2020年11月20日 06時15分

〝クイズ王〟の伊沢拓司

 東大卒の〝クイズ王〟伊沢拓司(26)が19日、江戸東京博物館で開催される「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」(21日から)の公式チューター就任式に出席した。

 伊沢は公式チューターとしてだけではなく、自身がCEOを務めるウェブメディア「クイズノック」も展示の音声ガイドやグッズの制作に協力している。それだけに「たくさん売れたら儲かるのでは?」とイヤらしい質問が飛んだが、伊沢は「それがそうならないんですよ~」と笑って否定。続けて「でもまあ、前金でいただいてますから!」と機転を利かせた返しで報道陣を笑わせた。

 普通の芸能人なら避けて逃げたくなる〝リアル〟な話もスルリと切り抜けて笑いに変えるのは、さすがといったところ。最近は各局の番組に引っ張りダコだが、〝クイズ王〟伊沢が評価される理由は、まさに人としての懐の深さなのだという。

「伊沢くんは頭が良くてクイズに強いのは知られていますが、人間力もかなり高いと評判です。頭が良すぎるとプライドが高くて扱いづらい人も少なくないんですが、彼はそれをあまり表に出さず、イジられることもいとわないタイプ。それでいてトークも相手が求めていることを察して話すことができる」(民放関係者)

 最近は現役・OBを含めた数々の東大生がテレビ界に進出しているが、伊沢が各局に重宝されるのは当然といえそうだ。