「NiziU」紅白出場で日テレはウハウハ! 総合司会・内村〝縄跳びダンス〟に挑戦へ

2020年11月19日 19時55分

内村光良

 韓国発の日本人ガールズグループ「NiziU(ニジュー)」が「第71回NHK紅白歌合戦」に初出場を決めた。今年のアイドル界を席巻し、CDデビュー前にして紅白出場を決める快挙を成し遂げたが、この一報に、日本テレビ関係者は小躍りしながら喜んでいるという。 


 NiziUは、ソニーミュージック(日本)とJYPエンターテインメント(韓国)による共同プロジェクトで生まれた女性9人によるガールズグループだ。6月30日に配信されたNiziUのプレデビュー曲「Make you happy」はストリーミング再生回数1億回を突破と大人気になっている。その曲の振り付けでもある〝縄跳びダンス〟は大ブームとなった。

 そんなグループの紅白出場に日テレ関係者がなぜ喜ぶのか。「NiziUが生まれるオーディションから関わってきたのが日テレなんです。この紅白出場で今後もNiziUで大展開を見込める」(局内関係者)。

 NiziUメンバーを選ぶオーディション番組「Nizi Project」は、日テレ子会社であるHuluで配信された。今年1月から6月にかけてHulu配信のダイジェスト版が情報番組「スッキリ」(日テレ系)で放送されると高視聴率を記録。前出の関係者は「12月2日に発売されるシングル『Step and a step』で本格デビューするんです。そもそもNiziUは『Need you』の意味も兼ねているというのは有名な話ですが、日テレにとってもNiziUは『Need you』状態。ゴールデン&プライム帯の番組でも全面バックアップを約束しているし、上層部も力を入れている。今後も『行列のできる法律相談所』、『しゃべくり007』『有吉ゼミ』などで露出していきます」。

 さらに、紅白でも披露されるであろう〝縄跳びダンス〟も注目だという。

「総合司会の内村光良さんが飛び入りで、ダンスを披露する予定なんです。これは日本テレビの『世界の果てまでイッテQ!』との連動企画。当日は内村さんに日テレが密着し、後日、紅白の舞台裏を番組で放送するというもの。紅白で見せる内村さんのダンスは毎年、話題になりますから、その舞台裏を見せられる日テレも視聴率に大きくつながると踏んでいる」(放送作家)。

 NiziUの活躍にウハウハになるのも無理はない。