破産寸前報道のてんちむ クラブ勤めの〝やらせ疑惑〟に反論

2020年11月17日 08時44分

てんちむ

 破産寸前報道のユーチューバー・てんちむが経済状態改善のために決めた銀座クラブ勤めに「言いたいなってことがある」と〝やらせ疑惑〟に反論した。

 てんちむはクラブ初出勤前に「緊張してる」など、自身の心境などを吐露。その中で「それとは別に言いたいなってことがある!」とやらせ疑惑に反論開始。

「DM(ダイレクトメール)でもいただくんだけど、とあるユーチューバーさんが『これは(てんちむの)ストーリーだ』と。それがヤフーニュースでも取り上げられたりとかして、(リスナーから)これはパフォーマンスなんですか?」と切り出す。

 これはユーチューバー・シバターが、てんちむと動画でコラボした際に聞いた話を基に、指摘していたことだ。

「見ている方にも不信感はあるじゃん。(今後)結果、どういうふうに転んだとしても、それがパフォーマンス、パフォーマンス、パフォーマンスというふうに言われたら嫌だなと思って」とてんちむ。

「確かに私のやっていることって、おうちを引っ越したりとか、仕事始めますとか、世間をお騒がせしてしまっているんですけど、パフォーマンスは一切ないです。ホステスを始めるってなったのも、支払い額が追い付かないから両立しようと。もちろん、自分の中にこうなったらいいなというものはあるんですよ」とてんちむはヤラセを否定。

「(ナイトブラで発生した)返金額を持っているわけではないし、ヤラセとか仕組んでるとかは一切なく。こういうお仕事は見え方とかを気にしなくちゃいけない部分はあるんですけど。ここを否定しなかったら、またみんなをだましている、うそついていることになる。リアルに起こっているからリアルに行動する。それを動画にしている」と気持ちを明かした。

 最後にはスタッフへの感謝の気持ちを示し、ホステススタートに気を新たにしていた。