長嶋一茂 歯医者に行っていて父の引退に気付かず「始球式やらないかと言われたけど断った」

2020年11月15日 12時40分

長嶋一茂

 長嶋茂雄・読売ジャイアンツ終身名誉監督(84)の引退試合について、息子の元プロ野球選手のタレント・一茂(54)が意外な事実を明かした。

 15日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では阪神・藤川球児の引退試合となった10日の阪神vs巨人戦の話題が取り上げられた。この日出演した一茂は、1974年10月14日に行われた父・茂雄氏の引退試合の当日は、歯医者に行っていたと驚きの告白。

 当時小学校3年生で、最後の試合で始球式をやらないかと言われたが「やんないよ、そんなもん」と言って断ったという。また、歯科衛生士の女性が泣いていて「あなたのパパ、引退試合なのよ、今日」と言われ、初めて引退と気付いたと明かした。共演者からは「何それ!?」と驚きの声があがったが、一茂は「そういう家族なんで申し訳ない」と返し笑わせていた。