オリラジ中田敦彦 「宮迫とコラボしたらクビ」の空気感を猛批判

2020年11月14日 17時15分

オリラジ中田㊧と宮迫

 お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」中田敦彦が、闇営業問題で吉本興業を離れた「雨上がり決死隊」宮迫博之にまつわる〝ウワサ〟についてダメ出しした。

 中田は12日、自身のユーチューブチャンネルを更新。韓国ドラマ「梨泰院クラス」にハマっていることを明かした。

 同ドラマは韓国で非常に強い影響力を持つ財閥に主人公が立ち向かっていくストーリー。中田は「僕も大きい組織の中でやっていく人になれなかった。吉本興業でいろいろあって、今はユーチューバーとしてやってる」と自身の境遇を重ね合わせた上で「僕としては譲れないものがあるから…。なんか、そういう人に寄り添いたいし。宮迫さんとかね」と名前を出した。

 中田は芸人同士の飲み会で聞いた話として「宮迫とコラボしたらクビ」という話が吉本内で広まっていることを暴露。「それ聞いた瞬間、嫌だなぁって。誰が言い出したかわからないけど、みんなで怖がって…。僕はその瞬間、宮迫さんにツイッターでDM出しましたもん。コラボしませんか?って」と語った。

 中田は吉本の岡本昭彦社長が過去の記者会見で「タレント、社員を含めて吉本興業は全員がファミリーであると考えております」と発言したことを踏まえ「じゃあ、ファミリーじゃねぇじゃん!」と追い打ち。芸人としての在り方についても「そういうウワサに怯えてるのが僕の中で芸人じゃなかった。芸人ってそういうのに飛び込む奴じゃないの」と、戦々恐々とする吉本芸人に苦言を呈した。

 宮迫をめぐっては、お笑いコンビ「鬼越トマホーク」も「吉本に所属している以上はM迫チャンネルだけには出るなって」「はっきりは言われてないですけど雰囲気があります」と告白していた。