てんちむが〝破産寸前報道〟を訂正 夜のクラブでは「腫れ物ですよ」

2020年11月13日 22時29分

巨額の負債を抱えそうなてんちむ

 人気ユーチューバーのてんちむが13日、自身のユーチューブチャンネル「てんちむCH」を更新。大きな話題となった破産寸前報道の誤解を訂正した。

 てんちむは豊胸の事実を隠してバストアップ関連商品の宣伝&プロデュースを行っていたことがバレ、大炎上。9日にアップした動画では商品の返品、返金等に応じるも金欠で「破産寸前の状態です」と明かしていた。

 この日の動画でてんちむは一部メディアで報じられた「一件の返金つき、てんちむが約30パーセントのお金をメーカーに支払っている」という部分に反論。「この報道で、てんちむは30%しか払ってないのっていう誤解を生んでいる」とし「正しくはこれに加えて、てんちむが返金額を全額支払っている」と訂正した。

 支払う額が大きいため、てんちむは税金の分割払いも考えていたが、これについても「分割払いにすると延滞税が発生する。12月末払いの税金なんですけど、6月末まで延長する予定で、申請を今出しています。これから支払う額は私の総資産額を何倍も上回ります」と衝撃告白した。

 てんちむは資金を補うため、平日は銀座のクラブ、土日は六本木のクラブで働いている。

「わたし、腫れ物ですよ、炎上して。リスクの方が多い私を使ってくれる企業は少ない。『銀座の格が落ちる』とか言われているなかで、私を受け入れてくれるお店には感謝しかないし、誇りに思う」

 夜の街で働くことを動画でアピールすることに批判的な声もあるそうだが「こうしたことを発信していく方が刺激的だし、お仕事の様子を動画に出来るからいいと思った。こっそり働いてもいずれはバレますから」と語った。

 コメント欄には赤裸々に語るてんちむへ多くの応援コメントが寄せられている。