福本ヒデ TNP大阪公演で大放言「吉村知事のイソジンがなかったら都構想は決まってた」

2020年11月12日 14時51分

左からザ・ニュースペーパーの山本天心、福本ヒデ

 社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の福本ヒデ(49)と山本天心(58)が12日、大阪市のサンケイホールブリーゼで、大阪公演(来年1月9日、同所)の開催会見を行った。

 福本は安倍晋三前首相に扮した〝安倍シンゾウ〟、山本は菅義偉首相に扮した〝菅ヨシヒデ〟として登場した。

 さまざまな時事ネタを取り上げるザ・ニュースペーパーは、政権が変わると人事がすべて変わるそうで、山本は「大統領がバイデンさんになると本当に大変。メンバーの松下アキラは、トランプさんのクオリティーがすごい高いんですけど、カツラをとったら、見事にバイデンさんなんです。ただ、対談がムリなので、滑り止めで浜田太一にもバイデンさんをさせます」と明かした。

 大阪での公演とあって、大阪維新の会の松井一郎代表と吉村洋文代表代行に扮するメンバーも用意。竹内康明が松井氏、田中学が吉村氏に扮するという。

「クオリティーはかなり高いですよ」と胸を張る山本に、福本は「ただ、関西弁はヒドイ」とバッサリ。さらに、「イソジン持ってくると思いますよ。ファイト一発!って出すと思う。吉村さんのネタってイソジンしかないですからね。あれがなかったら、都構想も決まってたんじゃないですか」と言いたい放題だった。

 そんな2人もコロナ禍で舞台がなくなったことは精神的につらかったといい、公演を開催できることに喜びを感じている。山本が「コロナを笑って吹き飛ばしたい。不謹慎な言い方かもしれないけど、笑いのクラスターで変えていきたい」と意気込むと、福本も「家に余ってるアベノマスクをして見にきてほしい」と呼び掛けた。