山本美月が明かした“新婚ライフ” ユーチューブ、イラスト、出版と超多忙な日々

2020年11月12日 11時30分

「ZINUS」のブランドアンバサダーに就任した山本美月

 新婚生活よりも仕事一色? 女優でモデルの山本美月(29)が11日、都内で行われた「ZINUS(ジヌス)」日本上陸&ブランドアンバサダー発表会に登場した。

 このイベントは、世界20か国でマットレスや寝室家具などを製造・販売するグローバル家具ブランド「ZINUS」の本格的な日本上陸を記念して行われたもの。同社のブランドアンバサダーに就任した山本は「すごい気持ち良くて、硬すぎず、やわらかすぎず、そっと体を支えてくれる感じが心地よい」と同社のマットレスを絶賛した。

 現在、舞台の地方公演で各地を巡る最中の山本は「こないだまで松本に行っていて、明日から札幌に行く」と多忙を極めている。

 今年8月には俳優・瀬戸康史との結婚を発表したが、報道陣から「今年1年間はどんな年だったか?」と聞かれると「今年はユーチューブを始めたり、イラストのお仕事をしたり、本を出したりしたので、すごく挑戦した年だった。たくさん勉強になった」。

 新型コロナウイルスの自粛期間中も、1年以上かけて制作していた本の仕上げ作業に打ち込み、新婚生活よりも仕事一色だったという。

 そんな生活だけに休日は貴重で「12時間、余裕で寝てられるくらい寝ることが大好き。休みの日は、『9時に起きたいな』と思いつつも二度寝や三度寝をしてしまい、なかなか理想の時間には起きられない。タイトなスケジュールでも、最低4時間は寝たい」と明かした。

 同社の関係者は「弊社の商品を若い世代の夫婦の方にもアピールしていきたい。山本さんがアンバサダーを務めることで、親近感を持ってもらえるのではないか」と期待を寄せる。今後は“人妻タレント”としての活躍も増えそうだ。