デーブ・スペクターが〝上から目線〟で山Pの英語力に言及

2020年11月11日 11時42分

デーブ・スペクター

 テレビプロデューサーのデーブ・スペクターが11日、フジテレビ系「とくダネ」に出演。ジャニーズ事務所を退所した山下智久(35)の英語力について言及した。

 番組では海外に拠点を移す意向である山下が、過去に「グラミー賞」特別レポーターなどで、英語で会話している様子が放送された。

 山下の英語を聞いたデーブは「丁寧は丁寧」としたうえで「向こうに住むようになったら、あっという間に自然に聞こえてくると思う」と改善の余地ありをにおわせた。

 その後、山下の海外作品での実績などが取り上げられたが、コーナーの最後に社会学者の古市憲寿氏が「デーブさんに言わすと、山Pはもっと英語上手くなるんでしょ?」と話題を再燃。これにデーブは「もうちょいやってもいいかもね…。こっちに住んでいるからね、まだね」と苦笑いだった。
 
 これにはキャスター・小倉智昭氏も「(話題が)変なほうにいっちゃった」と指摘するしかなかった。