たむらけんじが元大阪市長・平松邦夫氏の勘違い引用リツイートで中傷被害 

2020年11月11日 10時41分

たむらけんじ

 お笑い芸人で実業家のたむらけんじ(47)が思わぬSNS攻撃に遭ったことを明かした。

 発端は〝反維新〟の元大阪市長・平松邦夫氏(71)がたむらのツイートを引用し、「つまり、たむけんという人は67万5829人に対して気持ち悪いって言ってることになるんですね。私たちは、分断されてしまった市民の思いをどう共同体大阪市として再建するかを考えてるのですが」と糾弾したことによる。

 たむらの「はっきり言わせてもらいます、反対の立場の人気持ちが悪い!」というツイートを、平松氏は今回の大阪都構想に関する発言だと思ったようだが、実は5年前のものだったのだ。

 たむらは「えっ?!ちゃんと事実関係も調べずにこの平松という人はこの公の場所で発言なされたんですか?5年前の事だともわかってらっしゃらないし、僕がなぜこの発言をしたかも、おそらくわかってらっしゃらない。大丈夫ですか?」と困惑した様子。

 続けて「朝起きたら僕のTwitterや僕が経営する焼肉屋さんのTwitterも誹謗中傷の嵐。何でかなと思ったら5年前に呟いたことに対して、元大阪市長の平松さんがおそらく今回僕が呟いたと思い引用リツイート。これ、どう責任取られるのかな?平松さん1回お会いしましょうか?お客様、従業員の安全どうしますか?怖い」と被害を訴えており、今後の成り行きが注目される。