【海原はるか・かなた芸歴50周年】「今の若手の漫才は、器用すぎて小銭は稼げるけど…」

2020年11月08日 06時15分

コンビ仲〝良好〟の海原かなた(左)と海原はるか

 フ~ッと息を吹きかけると髪の毛がハラリ――の一発芸でおなじみのベテラン漫才コンビ海原はるか・かなたが、芸歴50周年を迎えた。11月8日には「芸歴50周年記念公演(DAIHATSU心斎橋角座)を同じく50周年の酒井くにお・とおるとともに開催。大きな区切りを迎えた海原はるか・かなたが、これまでの芸能人生を振り返った。

 

 ――芸歴50年の長いキャリア。これまで解散を考えるようなことは

 はるか 若手の漫才師の子から「どうしたら売れますか?」って聞かれるけど「辞めないこと」って答えてるんです。

 かなた 僕らが辞めなかったのは昔、後輩から「今、辞めたら悔しいやろ。芸人なんて辞めたらなんも残らへん」って言われたのも意地の一つかもしれません。だから、若い子には「焦りなや。俺ら見たらわかるやろ」って言ってますね。

 ――ケンカもなかった

 はるか そうですね。僕が熊本訛りやから相方に注意もされました。そこは僕も男やからムカッとすることもあったけど、そこでケンカしてもね。

 かなた 僕らが出たころって、大阪弁やないと漫才アカンって時代でしたから。大阪の人間と知り合って勉強したらええのに、鹿児島の女の子とかばっかり知り合うんですよ。

 はるか なんか好きになる子は九州の子なんですよ(笑い)

 ――今の若手の漫才はどう映る

 かなた「どこおもろいの?」って子もいっぱいいるけど、若い子にはウケてる。時代も違いますからね。僕らは流れを見てるだけでネタの中身云々は言わないですけど、今の子は器用ですわ。

 はるか 器用すぎて小銭は稼げるけど、ガバッと稼がれへんみたいなのはあるんかも。人数も多いし、大変。世の中がもうちょっと温かい目で見てあげたらどうかと思いますけどね。

 ――鬼籍に入る昭和の漫才師も増えている

 かなた 今いくよさん、横山たかしさん…同年代の人たちが欠けていっている。寂しいですよね。でもね、僕も18年に腰の手術して相方には迷惑かけたけど(腰部脊椎管狭窄症で1年7か月休養)そういう話を聞くと「もうちょっとやらなあかん」と復帰に向けて奮い立つ部分もありました。

 はるか 相方が休んでる時に、周りの人が僕のこと心配してくれるんですけど「僕は今、暇を楽しんでる。これだけの男やで。3人の女が貢いでくれる」って答えてたんです。やっぱり、お笑いの人間ですから、暗い話を聞かれた時に暗い話で返してもね。夢を売る人間が夢をなくしてどうすんねんと。

 ――50周年公演の意気込みと今後の目標を

 はるか 楽しむこと。自分が楽しんで、それが皆さんに伝わったらいいかな。キザに言えば幸せのおすそ分けができたら最高。そのためには元気で健康が一番。意外と70歳過ぎてコンビそろって出てる人って少ない。今ジムに通ってるんですが、このジムに通ってる芸人さんが出世してね。ゆりやんレトリィバァもいたし「ラニーノーズ」の洲崎(貴郁)君は受付やってた。ベンチプレス35キロ上げたんで、年内の目標40キロです。

 かなた コロナ禍でお客さんの人数制限もありますけど、これはこれで「コロナで大変やったわ」って思い出になればって気持ちはありますね。僕は今、マスクを手縫いするのにハマってましてね。年いくと手先も衰えるから、ある意味、リハビリにもなるしね。やっぱり元気が一番です。

 

【プロフィル】
 うなばらはるか・かなた 1968年、俳優養成所の「明蝶芸術学院」に4期生として入所。70年に海原お浜・小浜に弟子入り、コンビを組む。2000年、上方漫才大賞奨励賞受賞。

 うなばら・はるか 1948年5月6日生まれ。熊本県熊本市出身。ボケ担当。趣味はスポーツ。

 うなばら・かなた 1948年5月6日生まれ。奈良県天理市出身。ツッコミ担当。趣味は映画鑑賞・パチンコ・車の整備。