アパグループ元谷代表を「兄貴」と慕うオスマン・サンコン どこで出会った?

2020年11月07日 05時15分

左からアパホテル・元谷芙美子社長、北山みつき、アパグループ・元谷外志雄代表、オスマン・サンコン

 アパホテルなどを展開するアパグループ代表・元谷外志雄氏(77)の意外な〝交友関係〟が明らかになった。

 6日に東京・新宿エリアで9棟目となる「アパホテル〈東新宿 歌舞伎町タワー〉」の開業記念式典を開催。そこにギニア出身のタレント、オスマン・サンコン(71)が、妻で歌手の北山みつきと出席していたのだ。サンコンと元谷氏は15年以上の付き合いがあり、親しい間柄だという。

 サンコンは「元谷さんとは、僕が外交官をしていた時に知り合って仲良くなった。僕の大使館(ギニア大使館)のパーティーとか、誕生日会とかに必ず夫婦で来てくれる。すごく義理深くて、(元谷氏を)『兄貴』と呼んでいる」と明かした。

 続けて「僕も明治記念館で行われる(元谷氏の)誕生日会や本の出版発表会に必ず行く。僕は日本での生活の方が長くて、日本が大好き。元谷さんは真の日本人という感じ。アパホテルに新型コロナの患者を受け入れたりとか、そういうところが太っ腹だと思うね。日本人として尊敬している」と話した。

 そうサンコンに絶賛された元谷氏。ビジネスでは〝攻め〟の姿勢を崩さない。新型コロナウイルスの影響で観光業界が大打撃を受ける中、同社は次々とホテルを開業。「アパホテル〈東新宿 歌舞伎町タワー〉」は、今年開業するホテルとしては25棟目となり、今後は12月に秋葉原と新大阪に2棟オープンさせる予定だという。

 元谷氏は「自社ブランドにこだわることで一大ホテルチェーンを作ることができた。今後もこれまでの計画と変わらずにホテルを開業していく」と力強く語った。