純烈が活動休止の嵐ファン「おこぼれゲット作戦」発動

2020年11月06日 05時15分

ゲストの秋山準にチョップをくらうリーダーの酒井一圭

 4人組のスーパー銭湯アイドルグループ「純烈」が、年内で活動休止する嵐ファンの〝おこぼれ〟を狙う!?

 5日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で、抽選で選ばれた1人だけの観客を入れての配信コンサートを開催。リーダーの酒井一圭が嵐ファンに〝ラブコール〟を送った。

 コンサートは有料配信され、約2000人のファンが視聴。2日前の3日には嵐の国立競技場配信ライブが行われ、リピート配信も含めると視聴者は500万人以上とも言われている。

 この数字を聞いた酒井は「すごいねー」、後上翔太は「僕たち2000人ですから。全然違いますよ…」と思わず驚きの声をもらした。

 しかし、転んでもタダでは起きないのが純烈だ。酒井は「こんなすごい嵐が、芸能活動を停止する。ファン30人くらい、純烈に来ないかな。SMAPがいないのが寂しいということで、純烈のファンになってくれた方がめちゃくちゃ多い」ともらした。

 もちろん純烈と嵐のファンの年齢層は大きく違うことは否めない。メンバーの年齢層も違うが、かといって共通点がないわけではない。

「どちらのグループもメンバー間の仲は良さそうで、ほんわかした雰囲気に包まれている。嵐ファンはそうしたメンバーの空気感が大好きで、何人かは純烈に流れてもおかしくない」(テレビ局関係者)

 くしくもこの日、コンサートを開催地のすぐ近くに、大みそかのNHK紅白歌合戦の会場・NHKホールがある。酒井は「道路1本向こう側のNHKホールへ呼んでいただけるように頑張りたい」と3年連続となる紅白出場に意欲を見せた。