MISIAがクリスマス点灯式に出席「こういう時代だからこそ音楽が必要」

2020年11月05日 22時09分

ツリーの前に立つMISIA

 歌手のMISIA(42)が5日、東京・大手町の丸ビルで行われた「Marunouchi Bright Christmas2020~LOVE&WISHES~」(来月25日まで)のクリスマス点灯式に出席した。

 今回のイルミネーション企画は、MISIAの美しくパワフルな歌声と、ツリーから放たれる光の演出がコラボした期間限定のライティングショーだ。テーマは「LOVE&WISHES」。かけがえのない地球への感謝や、大切な人を思う気持ちがメッセージに込められている。

「丸ビルは親しい友人とよくご飯を食べに来るんですよ。イベントも開催したことがあります」と言うMISIA。実際にスイッチを押してツリーを点灯させると、幻想的な光と自身の楽曲がマッチした演出に「ふとした瞬間に見たいですね~」と笑顔を見せた。

 続けて「私たちはご飯を食べて寝るだけじゃないですよね。喜びや楽しみ、想像することで心が豊かになれる。こういう時代だからこそ、音楽が必要だと思います」と話した。

 ツリーの楽曲は、MISIAが18日に発売する初のクリスマス・チャリティー・アルバム「So Special Christmas」の収録曲の中から選ばれる。