ナイナイ岡村 新妻とまだ同居せず…〝自分スタイル〟を捨てられるか

2020年11月04日 11時30分

結婚発表後、初めて公の舞台に登場した岡村

 結婚しても“ひとつ屋根の下”はまだ先の話!?

 一般女性との結婚を発表したお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が3日、都内で行われたサバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」の発表会見に、相方の矢部浩之(49)とともに出席した。

 岡村は先月、コンビでパーソナリティーを務めるニッポン放送のラジオ番組「ナインティナインのオールナイトニッポン」で、30代の一般女性と結婚したことを発表。この放送後、今回が初の公の場となった。

 会見終了後、報道陣から新婚生活について尋ねられた岡村は「まだ一緒に住んでませんので、これからになります」。同居後に楽しみにしていることは「食事を作っていただいたりとか」とはにかみ、さらに「幸せですか?」との問いかけには「はい、幸せです」とテレ笑いを浮かべた。

 さらに岡村は、改めて「結婚させていただきました。引き続き頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」とあいさつしたが、矢部に「一切、面白いこと言っていない」とツッコまれた。矢部は、結婚相手の女性とは「まだお会いしてない」という。

 いまのところ一緒に住んでいない岡村だが、ある結婚相談所に勤務する婚活アドバイザーは「50代や60代といった年齢で、初めて結婚をする人にとって、他人と生活をともにするのは抵抗がある。若い人と違ってなかなか同居を始められないというケースも多い」と指摘する。

 長年決まったライフスタイルがあると、いきなり慣れない環境に変わった時にストレスを感じてしまうこともある。それだけに「一緒に住んでも、相手に自分の生活スタイルを押し付けないことが大切です」とアドバイスした。

 長い独身生活にピリオドを打った岡村には、幸せな結婚生活を送ってもらいたいところだ。